株式会社トーホーは、理化学・バイオテクノロジーの研究用製品や情報サービスをお届けしております。

お問合わせTEL
ログイン
 
ログイン パスワードを忘れた方
お問合せ
製品について・サンプル請求方法等、お電話またはお問合せフォームより、お気軽にお問合せください。 03-3654-6611 お問合せフォーム

製品情報

その他製品

ウェイング ボート
【特長】
●簡単に曲がりますので試薬も楽に注げます
●浅く広いので転倒の心配がありません。
塩素試験紙
【特長】
●消毒液中の塩素濃度を測定します。シンプルで確実、経済的です。
●直射日光は避けて保存してください。
●変色した試験紙は使用しないでください。
ラドテープ
【特長】
●メンブレンや乾燥させたゲルのオートらジオグラフィーに永久ラベリングします。
●リン光を発する粘着シートで、個々のメンブレンやゲルに応じて必要な大きさや形状に切って使えます。
●普通のペンを使ってお好みのコード、記号でラベリングできます。
●台紙から剥がしてメンブレンやゲルに貼り付けます。
●フィルムに当てると、オートラジオグラフィーに黒地に白い文字となって現れ、実験結果の永久保存になります。
角型ボート
【特長】
●生物学的に不活性で、弱酸に耐性があります。
●浅く、底面積を大きくとってあります。
過酢酸(PAA)試験紙
【特長】
PAA-160:PAAの濃度を0~160ppmの範囲で測定します。カラーチャートは抗菌フルーツや野菜のすすぎに最適なレンジ(0 / 10 / 30 / 60 / 80 / 160ppm)になっています。50本入

PAA-2000:PAAの濃度を0~2000ppmの範囲で測定します。0 / 250 / 500 / 1000 / 1500 / 2000ppmのカラーチャートがあります。50本入
過酸化水素試験紙
【特長】
液中の過酸化水素濃度を測定します。
カラーチャートは
HP-750:100 / 250 / 500 / 750ppm
HP-5000:0 / 500 / 1000 / 2000 / 3000 / 5000ppm
HP-30000:0 / 5000 / 10000 / 20000 / 30000ppm
第四級アンモニウム試験紙 ロールタイプ ディスペンサー入 
【特長】
●1934年のマイクロエッセンシャルラボラトリー社(MEL社)立ち上げ以降、使用する染料に関する経験を重ね、pH測定の使用範囲を広める努力が実を結び、Hydrionブランドを確立し、現在ではその品質、精度、信頼性によりMEL社の品質がスタンダードになっています。
●食品業界などでは消毒の為に必要とされる第四級アンモニウム濃度のチェックが必須となります。
●試験紙の長さを自由に決められるロールタイプです。
●第四級アンモニウムが使われている消毒液の濃度の測定用です。
●試験紙をサンプルの消毒液に10秒浸し、カラーチャートと比較してppm値を読み取ります。消毒液は18℃~24℃にして下さい。
ヨウ素試験紙
【特長】
●1934年のマイクロエッセンシャルラボラトリー社(MEL社)立ち上げ以降、使用する染料に関する経験を重ね、pH測定の使用範囲を広める努力が実を結び、Hydrionブランドを確立し、現在ではその品質、精度、信頼性によりMEL社の品質がスタンダードになっています。
●食品業界などでは消毒の為に必要とされるヨウ素濃度のチェックが必須となります。
●試験紙の長さを自由に決められるロールタイプです。
●ヨウ素が使われている消毒液の濃度の測定用です。

【ヨウ素試験紙 (IL-250) 使用方法】
・試験紙を7~8cm切り取り、試験管の中に入れてください。
・試験管にサンプルを入れてください。
・キャップを閉め、数回振ってください。
・チューブをカラーチャートの黒いバーにかざしてください。
・20秒待ち、試験紙の色をカラーチャートと比較してください。

【ヨウ素試験紙 (IM-220) 使用方法】
溶液に浸し、カラーチャートと比較して濃度を読み取ります。
水分検出試験紙 ロールタイプ ディスペンサー入
【特長】
●1934年のマイクロエッセンシャルラボラトリー社(MEL社)立ち上げ以降、使用する染料に関する経験を重ね、pH測定の使用範囲を広める努力が実を結び、Hydrionブランドを確立し、現在ではその品質、精度、信頼性によりMEL社の品質がスタンダードになっています。
●非極性溶媒や表面、特にガソリンに含まれる水分を検出するのに便利です。
●水分を検出すると鮮やかなラベンダー色に変化します。
pHペンシル
【特長】
●1934年のマイクロエッセンシャルラボラトリー社(MEL社)立ち上げ以降、使用する染料に関する経験を重ね、pH測定の使用範囲を広める努力が実を結び、Hydrionブランドを確立し、現在ではその品質、精度、信頼性によりMEL社の品質がスタンダードになっています。
●サンプル量が非常に少ない場合にも使用できます。
●サンプルを垂らし、その上にペンシルで線やX等を書き、カラーを比較するか、乾いた表面にペンシルで長めの線を引き、何か所かにサンプルを垂らしてカラーを比較します。
●紙、木材、コンクリート等の表面のpHが測定できるpHペンシルです。
●表面を蒸留水または非イオン水で濡らしてペンシルでマークし、15秒ほど待ってカラーを比較してpHを測定します。